お知らせ

  • 「としまの記憶」をつなぐ会では2022年に「豊島区国際アートカルチャー特命大使/SDGs特命大使」自主企画事業(としま未来財団共催)として5月に雑司ヶ谷、6月に鬼子母神、11月に長崎と「記憶の遺産ツアー」を実施。豊島区の歴史と文化の魅力を再発見しようと楽しく散策を致しました。
    そして師走は勉強・散策会を企画しました。目白駅を出発して、ぐるりと西池袋の郷土資料館まで歩きたいと思います。案内をして下さるのは「としまの記憶」をつなぐ会の会員・磯田暉子さんです。とくに「徳川黎明会」「目白庭園」そして「上がり屋敷駅跡」から「柳原白蓮旧居前」「自由学園明日館」など魅惑のコースです!
    また、豊島区制施行90周年の現在、「郷土資料館」では90周年特別展「豊島大博覧会」が開催されています。会場内の展示物に懐かしさのあまり〝あの日あの時〟にタイムトリップしてしまいますよ。当日は学芸員による鈴木三重吉と坪田譲治についての詳しい説明を聞きます。正午には現地解散(予定)となります。

    【実施日時】2022年12月10日(土)10時~12時
    【集合】JR「目白駅」改札口前
    【解散】正午「郷土資料館」
    【参加費】1000円 ※資料をお渡しします。
    【申し込み】次の申込フォームからお申込みください。
     http://www.toshima-kioku.jp/mejiro-event/


    【行程】 「目白駅」集合・出発→徳川黎明会(外観のみ)➡ 鈴木三重吉旧居跡 ➡ 目白庭園(トイレ休憩)➡ 上がり屋敷駅跡 ➡ 柳原白蓮旧居 ➡ 上がり屋敷公園 ➡ 坪田譲治旧居跡 ➡ 自由学園明日館(外観のみ) ➡ 豊島区立郷土資料館 現地解散

    解散後、13:00~懇親会も開催予定しています(池袋西口「地球飯店」)。
    参加希望者は申込みフォームのお問い合わせ内容欄に「懇親会参加希望」とご記入ください。



    参加お申込みはこちら

  • 令和4年3月1日付で、「としまの記憶」をつなぐ会は「豊島区国際アート・カルチャー特命大使/SDGs特命大使(団体)」に認定されました。
    認定証

「としまの記憶」をつなぐ会について

豊島区域に暮らす人々の「個々の記憶」を掘り起し、「としまの記憶」として動画に残し、次の世代につなぎ、広げる活動を行っています。

活動内容

「記憶」を発掘・取材・撮影し、「動画アーカイブ」としてWebで公開。「上映会」で語り手や参加者同士の交流活動を行っています。

会員募集

より多くの「としまの記憶」を蓄積し未来に繋いでいくための活動に賛同し、共に活動、ご支援をいただける会員を募集しています。

会員のひろば

平成22年に活動を開始し、平成24年7月にNPO法人登記して以来、地道に活動を進め、これまでに記録した動画は、語り手131名 430本となりました。(2018年5月現在)。「上映会」や「勉強会」を開き、会員間の交流・親睦を深めています。活動の様子は、隔月で「会報」を発行し、報告しています。

「会員のひろば」にログインすると、これまでに発行した「会報」や会員向けイベントのお知らせをご覧いただけます。